韓国語検定4級学習のコツ・ポイント!試験対策



学習のコツ・ポイント

ハングル検定公式ガイドの「合格トウミ」の単語リスト外から試験内総単語数の5パーセント以内で出題されることがあります。


基本的には合格トウミの4級の範囲と簡単な文法を覚えておけば大丈夫です。






出題基準

発音と文字

パッチムのすべてを読み書きできる

パッチム

鼻音化

「ㄱ」、「ㄷ」、「ㅂ」がパッチムに使われ、次に「ㄴ」と「ㅁ」が使われると、「ㄴ」が「ㅇ」、「ㄷ」が「ㄴ」、「ㅂ」が「ㅁ」に変化します。

 

・먹는다  ㄱのパッチム + ㄴ  (発音:멍는다 読み:モンヌンダ)
前のパッチム「ㄱ」が後ろの「ㄴ」のため鼻音化が起こり、「ㅇ」の発音になります。

・받는다  ㄷのパッチム + ㄴ (発音:반는다  読み:パンヌンダ)
前のパッチム「ㄷ」が後ろの「ㄴ」のため鼻音化が起こり、「ㄴ」の発音になります。

単語間の連音化

単語間で連音する時、前の単語のパッチムに続いて母音「아あ、어オ、오お、우う、위ウェ」で始まる単語が来る場合、パッチムそのものではなくパッチム音で連音します。
・맛 없다 (発音:마덥따 読み;マドッタ) 
・몇 월 (発音:며둴 読み:ミョドォル)
・못 하다 (発音:모타다 読み:モッタダ)
否定を現わす「못 もっ」は必ずパッチム音「ㄷ」で連音します。

激音化

パッチムの発音がᄀ(k)、ᄃ(t)、ᄇ(p)で、次に続く子音字がᄒの場合、又はᄒパッチムの後に続く子音字がᄀ、ᄃ、ᄇ、ᄌの場合、それぞれの平音は激音のᄏ、ᄐ、ᄑ、ᄎに変化します。
・축하  (発音:축카)
・입학  (発音:이팍)
・좋다  (発音:조타)
・어떻게 (発音:어떠케)

口蓋音化

パッチムᄃ、ᄐの後に이が続くと[ᄃ+이]は[지]に、[ᄐ+이]は[치]になります。
・같이 (発音:가치 読み:カチ)
前のパッチム「ㅌ」と「이」で口蓋音化が起こり、「치」の発音になります。
・굳이 (発音:구지 読み:クジ)
前のパッチム「ㄷ」と「이」で口蓋音化が起こり、「지」の発音になります。

流音化

パッチムᄂ(n)の後に、子音字ᄅ(r)が続いたり、又はパッチムᄅ(r)の後に、子音字ᄂ(n)が続いた場合、このᄂの音はᄅに変化します。つまり、ㄴとㄹは、隣り合うと両方ともㄹになります。
・신라 (発音:실라 読み:シラ)
・연락 (発音:열락 読み:ヨラk)

濃音化(2)

★子音語幹の用言における濃音化
・신다  (発音:산따)
・젊다  (発音:점따)

 

★連体形「-(으)ᄅ」直後の平音の濃音化
・갈 거예요  (発音:갈꺼예요 読み:カルッコエヨ )
・먹을 것  (発音:머글껃 読み:モグルコッ)

数を表す言葉

5級のような制限は特に設けない。

 

待遇法

합니다体と해요体に限定する。

 

用言の活用

不規則的な活用について

「ㅂ変格」 に関して、特に制限を設けない。
例:가깝다 → 가깝습니다
        → 가까워요
        → 가까웠습니다
        → 가까웠어요

 

5級で出題範囲に含まれたものに加えて、次のような不規則的な活用をするもの。
・ㄷ変格 : 묻다  →  묻습니다,물어요
・ㅅ変格 : 웃다  →  웃습니다,웃어요
・르変格 : 다르다  →  다르습니다,달라요

 

縮約形

次のような縮約形を取り扱う。

 

代名詞と助詞の類の間でおこる縮約

例:저는    → 전       저를      → 절         저에께    → 제께
   이것은  → 이건      이것을    → 이걸        이것이    → 이께
   이것으로 → 이걸로
   무엇을  →  무얼/뭘   무엇으로  → 무얼로/뭘로    など

 

指定詞の縮約

例:하나입니다  →  하납니다      머리입니다  →  머립니다

 

助詞の類同士が結合する際に起こる縮約

例:학교에는  →  학교엔    거기서는  →  거기선